ぎっくり腰とは・・・

ぎっくり腰は正式な症名を「急性腰痛症」といい、ドイツでは「魔女の一撃(Hexenschuss)」と呼ばれる突然の激痛のことです。
急性腰痛症には、以下の特徴があります。

・突然腰に痛みが発生する
・動くと腰痛が悪化する
・レントゲンやCT、MRIでは異常が見つからない
・神経痛やしびれ、麻痺などはない
・4週間程度で治る

重い物を持った時に起こりやすいのですが、身体をひねった、伸びをした、前屈した、といったことでも生じる場合があります。

ぎっくり腰の原因とは?

「レントゲンなどで異常が見つからない」とあるように、この疾病は原因不明のことが少なくありません。
現在のところ、可能性が高い誘因には以下が挙げられています。

①腰への過度な負荷
重い物を不用意に持ち上げたり、運動で腰に過度な負担をかけた

②筋肉疲労や筋力低下
同じ部分の筋肉を使い過ぎて疲労したり、加齢や運動不足によって筋力が低下している

③姿勢の悪さ
崩れた姿勢のまま生活することによって、全身のバランスが崩れた

この疾病は再発しやすい傾向がありますが、その理由の多くは間違った治療にある、と当院では考えています。
湿布やマッサージ、鎮痛薬やブロック注射では一時的に痛みをなくす、あるいは感じさせなくするだけで、本質的な問題はそのままだからです。

当院の腰痛改善方法とは?

私たちは、ぎっくり腰は腰そのものに問題があるという発想をしません。
患者様一人一人の体質や生活習慣に根源が潜んでいると考え、まずは丁寧に問診し、その後触診で身体の特徴や歪みを確認します。
そうすることでトラブルの根源が筋肉か、骨格か、自律神経か、といったことを判断し、それに合わせた治療を行なうのです。

施術には鍼灸や電気治療、手技による筋肉や骨格、自律神経の矯正などがあり、患者様の状態に合わせたオーダーメイドです。

もちろん、痛みが伴う治療は行ないませんし、激痛に苦しむ方にはアイシングなどで炎症を抑えることから始めますので、ご安心ください。

さらに、ご自宅でもケアできるように、日頃の姿勢の整え方やストレッチ、指圧など簡単にできる方法もお教えします。
これらを毎日行なっていただくと不自然な歪みの矯正が早くなり、正しい姿勢を取り戻しやすくなるのです。

電話をかける
当院所在地