PVRふれあい整体院・まごころ鍼灸整骨院三ツ沢下町院|横浜市営地下鉄三ッ沢下町駅下車すぐ。ストレッチ、骨格矯正、体幹トレーニングを行う整骨院・整体院。

☎ 045-321-0650

ストレッチの注意点

こんにちは! PVRふれあい整体院 三ッ沢院 高橋です!!

今日はストレッチの注意点について説明していこうと思います(*’▽’)

まず、ストレッチは【筋の回復能力を高める】【関節の運動距離を大きくし、スピードやパワーを高める】など多くの効用がありますが、まず筋バランスが大切です。

筋肉は【拮抗筋バランス】というのがあります。

拮抗筋バランスとは【相反性神経支配】という主働筋が収縮する際に拮抗筋を収縮させない(弛緩させる)命令が出されるというような、互いに拮抗しあう筋の活動を抑制するメカニズムのことです。

難しい話になってしまいましたね💦(;^ω^)

では、実例を出して簡単にお話していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、反り腰は通常より骨盤が前に傾き(前傾)その影響で腰部に負担がかかり腰痛を引き起こします。

この反り腰を引き起こしている筋の一つが大腿直筋という太ももの前面にある筋です。この筋肉が硬く縮こまっていると骨盤が前傾になりやすくなってしまいます。

 

 

 

 

 

後一つはハムストリングスという太ももの後面にある筋です。この筋肉が逆に筋力が低下して縮こまる力が弱くなっている状態になっています。(ハムストリングスが縮こまる力が弱いと大腿直筋の縮こまる力に負けてしまい反り腰が助長してしまいます)

 

 

 

 

 

 

この反り腰を起こしている主動筋(大腿直筋)が収縮し拮抗筋(ハムストリングス)を収縮させない(弛緩させる)

これが拮抗筋バランスです。

なので大腿直筋はストレッチをし筋肉を弛緩させる必要がありますがハムストリングスはただでさえ、筋肉が弛緩しているのにここでストレッチをしてしまうとより緩んでしまうので

ハムストリングスは逆にトレーニングを入れ、筋肉を収縮させる必要があります。

 

ざっくりと例を交えて説明させて頂きましたが、いかがでしょうか?(*ノωノ)

 

まとめると、しっかり身体の状態を把握しないでストレッチをやっても効果が出づらいので注意が必要ということですね!

 

では今回はここまでにさせて頂きます!

 

また、気になる事、ご相談したい事がありましたらお気軽にご連絡ください!

LINEでも無料で相談受け付けておりますのでどうぞご利用ください!(^^)!

 


Deprecated: comments.php のないテーマ の使用はバージョン 3.0.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 comments.php テンプレートをテーマに含めてください。 in /home/users/2/thumbcure/web/pvrseitai/wp-includes/functions.php on line 5061

コメントは受け付けていません。

« 前のページに戻る

サイト内検索

整骨院部門グループ院

 
京王堀之内院
東京都八王子市別所2-1 ビア長池2F
042-389-4649

 
横浜小机院
神奈川県横浜市港北区小机町2495-2 マピエス1-A
045-473-0006

 

ゆりのき台院
東京都八王子市館町2300-1 フードワンゆりのき台店
042-673-4649

 

西橋本院
神奈川県相模原市緑区西橋本4-1-1 三和西橋本店1F
042-772-4649

Call Now Button電話で予約をする