自律神経に負担をかけない運動法

いつも三ツ沢下町院のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は「自律神経に負担をかけない運動法」について。

普段から定期的に運動をされるなら、
「ヨガ」「ストレッチ」「散歩」※
など心拍に負担をかけず、発汗してもにじみ出る程度の
運動法が、疲労回復効果も期待できおススメです。

疲労は「疲労感の原因」となる「疲労因子FF」という
物質が現れ、それを感知した身体は「
疲労回復因子FR」を
出して疲労の回復を促します。

比較的軽い運動ならば、「疲労因子FF」の増加は緩やかなので
「疲労回復因子FR」による回復も早いため、
疲れが気になる方には激しいエクササイズよりもをおススメします。