椎間板ヘルニア

腰椎(腰の真ん中にある5つの骨)の上下に挟まっている「椎間板(クッションの役割をする組織)」の一部が、後ろに突出している状態を指し、腰痛やお尻、脚のしびれなどの症状が現れます。

腰部椎間板ヘルニアは、腰椎にある「椎間板」が何らかの作用で変形し、腰や背中側に突出する事で神経を圧迫することにより発症します。

症状の特徴

腰~下肢(足)の痛みやシビレ

腰部椎間板ヘルニアの症状については、特に腰~足にかけての痛みやしびれが出やすく、まれに両足に出る場合もあります。
(※坐骨神経痛では、片側の足のみの症状が一般的です。)
 

長期化の場合には手術も検討

痛みやしびれ以外の症状としては、脚全体の重さやこむら返り、足のむくみなどの症状が出る場合もあります。

また現在では、手術をしない「保存療法」が一般的ですが、発症から3ヶ月以上続く場合には手術が提案される場合もあります。
 

施術の流れ

問診・検査にて痛みの確認を行った後、
①特殊電気療法(干渉波)、状態によりアイシング併用 
②筋肉の調整・マッサージ(筋肉の負担軽減)
③バランス調整
④FET(フレクションエレベーションテーブル)による特殊運動療法(COX)

その他

生活指導、セルフメンテナンス法
 
電話をかける
当院所在地